上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
ダイワスカーレット [2004/05/13 牝 栗毛]

-通算成績- 12戦8勝(2着4回) 総合収得賞金 78,668.5万円

-主な勝ち鞍- 07,桜花賞(G1) 07,秋華賞(G1) 07,エリ女王杯(G1) 08,有馬記念(G1)

-主戦騎手- 安藤勝己騎手(新馬~引退)

言わずと知れた名牝。ダイワスカーレット。一度も連対を外さなかったその走り。
もちろん、最大のライバル。ウオッカとの勝負は、どれも暑かった様に思います。
結果的に5戦3勝2敗で、スカーレットが勝ったまま引退してしまいましたが。
5歳のウオッカと戦って欲しかったと思うばかりです。

アグネスタキオン サンデーサイレンス Halo
Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well
Under standing
Mountain Flower
アグネスフローラ
ロイヤルスキー Raja Baba
Coz o'Nijinsky
アグネスレディー
リマンド
イコマエイカン
スカーレットブーケ
ノーザンテースト Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
スカーレットインク Crimson Satan Spy Song
Papila
Consentida Beau Max
La Menina

-家系-

関係 馬名 通算成績 主な勝鞍
アグネスタキオン 4戦4勝 皐月賞(G1)
スカーレットブーケ 21戦6勝 クイーンC(G3) 京都牝馬S(G3) 中山牝馬S(G3)
母の母 スカーレットインク 1戦0勝  

父、アグネスタキオンは、言わずと知れた、名種牡馬。
母、スカーレットブーケは、エリザベス女王杯3着の経験もある。
母の母、スカーレットインクは、子供・孫の活躍によりスカーレットインク系と呼ばれるまでになった名牝。

-代表的兄弟-

関係 馬名 通算成績 主な勝鞍
ダイワメジャー 27戦9勝 皐月賞(G1) 天皇賞秋(G1) 安田記念(G1) マイルCS(G1)×2
ダイワルージュ 19戦3勝 新潟3歳S(G3)

兄、ダイワメジャーは距離対応の幅広さ、そして堅実な走り。
   馬券的にもお世話になった方も多いのでは無いでしょうか?
   この子も、マイルでは鬼のような強さでしたね。
   今だと、ウオッカとマイルで戦って欲しかったですね。
姉、ダイワルージュは、桜花賞3着とデビューから5~6戦は非常に安定した走り。
   その後は中々活躍できませんでしたが、ダイワ繁栄の初期を支えた馬だと思います。

-親戚-

関係 馬名 通算成績 主な勝鞍
甥っ子 サカラート 48戦9勝 東海S(G2) ブリーダーズG(G2) 日本テレビ盃(G2)
甥っ子 ヴァーミリアン 27戦12勝 フェブラリーS 川崎記念 JBCクラシック×2 JCダート 東京大賞典 全て(G1)

サカラートは、スカーレットレディの初子で、G2、3勝と中々の成績を残している。
ヴァーミリアンは、ダートG1を6勝。カネヒキリ等とダート界を牽引してきた。
最近は、サクセスブロッケン等の若手世代に負けだしているが、実力は今だ上位。

-総括-
ダイワスカーレットの血統を見ていくと、主に外国系の血が濃く。
親戚などからも、ダートへの適正も高いと思われる。
実際、フェブラリーSへの参戦が予定されていただけに、非常に勿体無かった。

父親もアグネスタキオンと、完成された血統とも言えるのでは無いだろうか。

ただし、サンデーの血が濃いので種付けは若干、幅が狭い。
期待されるのは、クロフネ、タニノギムレットなど。
クロフネとの子供は、ダート戦で非常に期待される。
タニノギムレットとの子供は、ライバル。ウオッカの父親という事で、話題性も高そうだ。
スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬 - ジャンル : ギャンブル

 

<< ぺるそなー♪ -1回目の交渉- | Home | 血統とは・・・・すべての中心である? >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。