上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
競馬ファンの中で話されている、ウオッカの今後のレース。折角なので予想してみましょう。

まず、谷水オーナーの方から「今年で引退」と「海外遠征は無し」との発表がありました。

それと分かっているのは、次戦は「安田記念」ということ。

ついでにウオッカは本当に東京でしか走らないのか
どうかも含め検証していきたいと思います。

長くなると思うので、興味のある方は追記をご覧ください。


1、ウオッカの脚質。武豊騎手が昨日、大体ウオッカの脚が分かったと話したそうです。

ウオッカのレースを脚質別に並べると・・・・(個人的見解です、それとドバイは除く)

僕はウオッカは差し馬と言われますが、そうは思いません。

脚質成績[1着-2着-3着-4着以下]勝率連対率連複率
逃げ1-1-0-050%100%100%
先行4-0-1-080%80%100%
差し3-3-0-237,5%75%75%
追込0-0-1-20%0%33,3%

先行・差しは曖昧な部分もありますが、そのレースの全頭数より前にいれば基本先行としました。

といっても、ウオッカが先行しだしたのは、去年の安田記念からですが・・・・

逃げたのは、「新馬戦」と「毎日王冠」
先行したのは、「阪神JF」、「チューリップ賞」、「安田記念」、「JC」、「ヴィクトリアM(09)」
JFとチューリップは位置的に先行かなと。残り3つは皆さんもわかると思います。

コレを見ると、結構自在な子に見えます。(ただし追込のように溜めすぎると怒ってしまう)


2、コース相性

場所成績勝率連対率連複率
東京[4-2-1-1]50%75%87,5%
阪神[2-1-0-1]50%75%75%
京都[2-1-1-1]40%60%80%
中山[0-0-0-1]0%0%0%

東京では、1番悪くてJC(07)の4着。知っての通り安定している。

しかし、阪神、京都。如何だろうか、成績は意外といいのだ。

もともと、2歳、3歳は阪神、京都を中心にきた。(牝馬路線が関西の為)

本当に相性が悪いと言えるのは、中山くらいなものだろう。


3、回り

回り成績勝率連対率連複率
左回り(東京)[4-2-1-1]50%75%87,5%
右回り(阪神・京都・中山)[4-2-1-3]40%60%70%

右回りでは牝馬相手が多いのは事実だが、ウオッカ自身が右・左を気にしているとは思えない。


4、牡牝混合レースかどうか。

レース体形成績勝率連対率連複率
牡牝混合[4-2-1-4]36,4%54,5%63,6%
牝馬限定[4-2-1-0]57,1%85,7%100%

流石ウオッカという感じ。牝馬限定なら3着は確実。
しかし、牝馬で混合で連対率50%越えはものすごい事だろう。
しかも、混合で4着以下に負けたのは4歳春初戦まで。以降は3着内率100%だ。


5、馬場状態(重馬場は経験無し)

馬場状態成績勝率連対率連複率
良馬場[8-4-2-2]50%75%87,5%
稀馬場[0-0-0-2]0%0%0%

荒れた馬場は苦手ということでしょうか・・しかし、荒れた馬場で走ったのは3歳
の時のみ、5歳の今なら対応可能か?
(ドバイDFも荒れ馬場が合わなかったのもあるだろうが芝が違うのでカウントしない)


6、距離

距離成績勝率連対率連複率
1600m[6-2-0-0]75%100%100%
1800m[0-2-0-0]0%100%100%
2000m[1-0-1-0]50%50%100%
2200m[0-0-0-2]0%0%0%
2400m[1-0-1-2]25%25%50%
2500m[0-0-0-1]0%0%0%

マイルは改めて強さを感じる。2400はきついと言われるが折り合いさえつけば十分対応可能。

2200と2500はコース自体特殊なので、ウオッカには合っていないのだろう。


7、人気
人気成績勝率連対率連複率
1番人気[4-3-1-1]44,4%77,8%88,9%
2番人気[2-1-1-2]33,3%50%66,7%
3番人気[1-0-0-1]50%50%50%
4番人気[1-0-0-0]100%100%100%

人気は裏切らない?・・・・でも、やはりウオッカに似合うのは1番人気だろう。


8、最速の上がり
最速の上がり成績勝率連対率連複率
最速[6-3-0-2]54,5%81,8%81,8%
2番手以降[2-1-2-2]28,6%42,9%71,4%

連複率になれば差は無いが、勝率、連対率にしたら最速の方が2倍も良い。

やはり最速の上がりでゴール板を駆け抜けるのが似合っていると言えるだろう。


ちょっと場所も無くなったので、次走については簡単に。

まず、レース数だが、4戦が考えられるが、3~5戦程度だろう。

安田→休養(昨年と同じローテ)又は、安田→宝塚。
このどっちかだろう。個人的には前者を望む。

秋は出走可能レース(G1)と考えると・・・
天皇賞(秋)、エリザベス女王杯、マイルCS、JCといったところ。

春に宝塚に出るか出ないかにもよるが・・・・
やはりJCリベンジを考えると、エリ女王とマイルCSはローテ的に厳しい。

つまり・・・・やはり東京中心にはなるだろうが、是非関西の人にも来てもらいたい。

やはり関西だと不安もあるし、東京は遠いが目の前で勝つのを見る方がいいのでは無いでしょうか?

では、以上でウオッカの今後でした。後は、安田記念の考察をちょっとやりたいと思います。

ディープスカイは安田記念勝てるのかどうか・・を。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬 - ジャンル : ギャンブル

 

<< -第70回優駿牝馬(GI)- 予想 | Home | -第4回ヴィクトリアマイル(G1)- 回顧 >>

コメント

ご訪問ありがとうございます。

うーん、そこまでは気にする必要は無いと思いますよ。

今年中は十分間に合うはずです。

むしろ、あの子は自分の身体の危険を感じると走るのを止めてしまいますから、無理の無いローテを組んであげて、最高の状態で送り出すことの方が重要だと思います。

ご訪問ありがとうございました。
考察見させていただいて「ごもっとも」です。

ただウオッカは秋にはちょっと力が落ちてしまうのでは?と不安があります。

今がピークかもしれませんね。
となると宝塚走ったほうがいいのか??(笑)

応援クリックしておきます☆

返信ありがとうございます。

そうですね。ウオッカが出るレースは過去全部、本命にしてきましたから。

ウオッカへの気持ちは負けないですよ?w

では、次はウオッカ対ブエナでもしてみますか。

ではです。

こんばんわ・・・
熱心な見解ですねd(-_☆) グッ!!
ウォッカの今後については興味深いですが
引退となると寂しい限りですね・・・
ブエナビスタとの対戦が見ものだと思っています。

個人的にはウォッカが上だと思ってますが・・・

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。