上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
第139回天皇賞(春)(GI)

さぁ、盾取りへ・・・波乱の今年は荒れるぞ。

枠番 馬番 予想  馬名 性齢 斤量  鞍上
サンライズマックス
牡5
58
福永祐一
 
マイネルキッツ 牡6
58
松岡正海
  ジャガーメイル 牡5 58
安藤勝己
アルナスライン 牡5
58
蛯名正義
  シルクフェイマス 牡10
58
藤岡祐介
テイエムプリキュア 牝6
56
荻野琢真
  ポップロック 牡8
58
川田将雅
  トウカイトリック 牡7
58
和田竜二

ホクトスルタン 牡5 58 小牧太
10  
ゼンノグッドウッド 牡6 58 武幸四郎
11
ネヴァブジョン 牡6 58 後藤浩輝
12 ドリームジャーニー 牡5 58 池添謙一
13  
デルタブルース 牡8 58 岩田康成
14   コスモバルク 牡8 58 幸英明
15
モンテクリスエス 牡4 58 武豊
16
スクリーンヒーロー 牡5 58 横山典弘
17
アサクサキングス 牡5 58 四位洋文
18 ヒカルカザブエ 牡4 58 秋山真一

本命:アルナスラインは有力5歳世代の中で最内に入った。
    2枠4番は内過ぎず、外過ぎずいい位置。
    おそらくプリキュアが行くので、すんなり4,5番手追走すれば
    他の5歳馬よりも最後の2の脚が使えるはずだ。
    意外とあっさりと勝ってもおかしくない。

対抗:テイエムプリキュアは誰もが忘れはしない、日経新春杯での大逃げで
    引退をひとまず預けて、再びG1に戻って来た。
    今回は同系馬のホクトスルタンがいるが、厩舎同士牽制している模様。
    ホクトが2番手に控えて、プリキュアが自分のペースで走れれば
    また大逃げの可能性はある。イングランディーレ以来の逃げ切りが見れる。

穴、抑え:モンテクリスエスは、15番から外の有力勢の中で最内。
      しかもこの4頭すべてが先行タイプとなれば、年齢から見ても有利
      鞍上も武豊。ここ数レース成績が伴わないが、この騎手はただの騎手ではない。
      このレースを皮切りに一変も考えられる。

      サンライズマックスは、おそらく差しでくるだろう。
      ドリームジャーニーとは切れ味は比べ物にならないが
      最内ということと、スタミナを考えればジャーニーより状況は上だろう。
      前崩れになったときは当馬にも十分にチャンスはある。

      ヒカルカザブエは、最外を引いてしまったが、アサクサ、ヒーローよりは
      状態は上だと思われる。
      上手く上の2頭についていけば、意外とあっさりかもしれない。

その他、注意馬
     上記をご覧ください。

買い目   
   * アルナスライン 軸 → 1,3,6,7,9,10,12,15,17,18 馬連 各200円 計2000円
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

 

<< -第14回NHKマイルカップ(GI)- 予想 | Home | -第44回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)- 予想 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。