FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
おわっちゃいましたね。ドバイDF。

注目のウオッカは!・・・・・7着!

全着順(netkeiba.com より)

01 グラディアトラス Gladiatorus 1:46.92
02 プレスヴィス Presvis 3.1/4
03 アレクサンドロス Alexandros 2
04 ニコネロ Niconero 3
05 バンカブル Bankable 1/2
06 アーキペンコ Archipenko 短頭
07 ウオッカ アタマ
08 パコボーイ Paco Boy 3/4
09 テューズデイジョイ Tuesday Joy 1.3/4
10 キップデヴィル Kip Deville 1.3/4
11 ジェイペグ Jay Peg 3.3/4
12 チャーリーファーンスバーンズ Charlie Farnsbarns 1/4
13 バリオス Balius 3/4
14 ハイパーバリック Hyperbaric 3/4
15 クレカドール Creachadoir 1.1/2
16 レディマリアン Lady Marian 4

聞いた話になってしまいますが、馬場はやはり渋ったそうですね。
そして何よりも、前評判の良かった馬が皆惨敗と。
(前年度DFチャンピオン、ジェイペグが11着)
勝った馬は4角抜けるとそのまま1着ということで。

改めて世界戦の難しさを知りました。レートは100%ではないということです。

正直悔しいです。それは、みんなが思うと思います。

ちょっと長くなりすぎたので、追記にしました。
もしも読んでくれる方はどうぞ!
 
でも、泣いても笑っても、ウオッカが走るのは今年のみ。

スカーレットの分も、ウオッカには頑張って欲しい。皆、そう思ってます。

でも、それだけでなく、無事に帰って来て欲しい、無事に引退して欲しい。
そして、スカーレットの子供と戦って欲しい。そう思います。

・・・・これでは、諦めてるみたいですね(苦笑)

でも、まってください。ウオッカというは、どんなとき輝くか。

ウオッカは、歴史に残る快挙、早熟説を吹き飛ばす圧勝、死闘のライバル対決
どれも厳しい条件の時こそ、圧勝し、圧倒し、そんな姿に僕たちは魅了されました。

無理だろう?ファンが半信半疑のとき、彼女は広い芝の真ん中を駆け抜けました。
もう駄目なのか?ファンが不安になったとき、彼女はそれを一掃させました。
今度こそ、勝とう!ファンが信じたとき、彼女は死に物狂いで身体を動かしました。

今回のドバイ実は皆、ウオッカの無事完走を願ったファンが多かったんです。
彼女はファンの期待通り、ちゃんと無事に完走しました。

彼女はファンを魅了し、ファンのことを理解している馬だと思います。

ディープインパクトは、負けない、強い、直線一気の競馬をしました。
ダイワスカーレットは、確実性、強い、粘り強い競馬をしました。

成績を見ても、この2頭は完璧でしょう。10戦以上して、連対率100%
すごい馬ですよね。完璧な馬です。

ディープはことごとくライバルを蹴散らしてきました。
その多くのライバルたちと共に、駆け抜けてきました。

スカーレットは、安定性があります。
ですが、スカーレットにはウオッカという固いライバルがいました。

どの名馬にもライバルがいます。

ウオッカには完璧な成績は無いです。

では、ウオッカの魅力は??・・・・・・・・僕はここぞで勝つ、ヒロイン性ですね。

だから、魅力される。そんな馬です。

今年しかありません。全力で応援します。馬券買う人は応援馬券買いましょうよ!
当たる、外れる。賭け事ですから確かに大切です。
でも、ウオッカが買ったときの嬉しさは本当に言葉では表せません。

後半年。勝ち負けではなく、ウオッカという強い牝馬がいたこと、名馬がいたこと
それを目に焼き付けていきたいと思います。

少々長くなってしまいました(苦笑) 兎に角、頑張りましょう!
 
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

 

<< -第16回マーチステークス(GIII)- 回顧 | Home | -第39回高松宮記念(GI)- 有効?情報 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。